キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 郷里から来た母がふさぎ込みがちです。環境変化はうつ病の原因に? : うつ病調査団

郷里から来た母がふさぎ込みがちです。環境変化はうつ病の原因に?

うつ病調査団

うつ病調査団のメイン画像
高齢になってからの環境変化はうつ病の原因になるのかと聞いてきた質問者への回答です。環境変化は十分な要因であること、すぐに受診すべきです。

郷里から来た母がふさぎ込みがちです。環境変化はうつ病の原因に?

うつ病の要因の1つに急激な環境変化というのがあります。

本人の希望の大きさや心理状態にもよりますが、どう作用するのか、診療は受けるべきか考えましょう。

■郷里を離れたのは大きすぎる環境変化。

うつ病の原因の中の1つに「環境の急激な変化」というのがあります。

たとえば高齢のお母様の住んでいた家などは、そこにすべての思い出や歴史があり、貴重な物もたくさんあります。

「若い世代と違って、年をとると思い出を抱えて生きるしかなくなる」といった心理学者がいます。

環境の変化は、下手をするとそれらのすべてを根こそぎ取り去ってしまうようなものです。

心理的な損傷はかなりのものだと考えられます。

■幻覚・幻聴や暴言も処方薬で改善できる。

お母様との同居は、ご家族が最善策と判断し決断したことです。

また振り返って後悔しても、どうにもならないことです。

お母様の症状は、ほぼ間違いなくうつ病ですから、一刻も早く受診して投薬治療を開始すべきです。

幻覚・幻聴や暴言などは、家族やご近所にもマイナスです。

処方薬で改善できると思いますので急いでください。

心療内科か精神科に行けば、症状などから適切な薬を処方してもらえます。

■お母様の新たな交流を作るお手伝いを。

むずかしい面もありますが、抗うつ剤の服用と同時に、ご近所との交流、新しいお友達づくりなどにも手を貸してあげましょう。

お母様との同居で息子さんたちは安心できますが、お母様にとってみると、外界との接点はなくなりお友達とも離れたままになります。

新しいつながりができるように、ご家族で作戦を立ててあげましょう。

回復のための有効な手段です。

※高齢者のうつ病について→【URL:http://www.hochi.co.jp/topics/serial/CO019593/20160425-OHT1T50086.html

PICKUP記事

SIDE MENU


Copyright うつ病調査団. All Rights Reserved.